MacにCloud SDKをインストールする方法

Mac Cloud SDKインストール方法

こんばんはエンジニアの眠れない夜です。

GCPを使うためにはCloud SDKのインストールが必要です。

公式ドキュメントどおりにやればサクッとできそうな気もしますが、Cloud SDKはPython3非対応ということもあり

・Python2でインストールするにはどうすればいいの?
・Python3で開発をしている時はgloudのコマンドを叩くたびにPython2に切り替えないと行けないの?

と疑問に思った方も多いのではないでしょうか?

そんな問題を解決すべく、サクッとCloud SDKをMacでインストールするためのスクリプトを書きました。

※ pyenvがインストールされている環境を想定しています。

コピペでMacにCloud SDKをインストール

下記を実行してサクッとCloud SDKインストールしましょう。

Cloud SDKがPython2でしか動かない問題はインストールする前に環境変数にCloud SDKを動かすときにはPython2を使ってね!と念押しの設定をしています。

# When use gcloud, use python2
export CLOUDSDK_PYTHON=/Users/$USER/.pyenv/versions/2.7.10/bin/python2

しかし、ターミナルを再起動したり、新しいウィンドウを開くとCLOUDSDK_PYTHONの設定が消えるので
vim ~/.bash_profile に下記の1行を追加します。

export CLOUDSDK_PYTHON=/Users/$USER/.pyenv/versions/2.7.10/bin/python2

これならpyenvでPython3に変更しても gcloud コマンドを実行する時は Python2で実行され、環境(Pythonのバージョン)を切り替える必要がなくなります。

gcloud コマンドが使えるようになったらk8sを使ってクラスタを作って見ると面白いですよ。

こちらもコピペで実行できるのでどうぞ!

GKEで最安値のKubernetesクラスタを作る方法

1 Comment

GKEで最安値のKubernetesクラスタを作る方法 | エンジニアの眠れない夜 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください