Macのデスクトップを自動で整理するツール

Macデスクトップ整理

Macを使っているとついついデスクトップが散らかってしまいますよね…

私の友人はファイルが多すぎて壁紙が全く見えない状況です。

Macデスクトップ整理

これはあえて作った画像なので散らかりすぎですが、この80%くらいの散らかり具合です。

ファイルを探すときはファイル名を検索するのだとか…

使い方としては間違っていませんが、ファイル名を思い出せなかったりすると発見までに時間がかかります。

「ファイル名をどうつけるかが重要なんや!」って言ってました。(;´Д`)はぁ…

そういうちょっと珍しい人の話は横においておいて、普通に使っていてもデスクトップにどんどんファイルが作成されて欲しいファイルを見つけるまでに時間がかかるということがよくあります。

Macの場合スクリーンショットがどんどんデスクトップに保存されていくので散らかりやすいです。

Macのデスクトップを整理するのは難しい…

私はスクリーンショットをデフォルトでピクチャフォルダに保存されるように設定していましたが、デスクトップから直ぐに必要なところにドラッグできたほうが便利です。

そんなこんなでどうしたらデスクトップがきれいに整理された状態を維持されるかな?と思って作ったのがこれ。

ArchiveFiles です。

「7日間使わないファイルはだいたい要らないファイルだろう。」

ということで7日経つと勝手にArchiveというフォルダに自動でファイルを移動するようにしました。

ダウンロードフォルダも同じ原理で、いろんなものをダウンロードしていると溜まり続けて、欲しいファイルが見つけられなくて困ることがあります。

ファインダーの並びを更新日順にして、ダウンロードした直後のファイルを一番上に持ってくることができるのですが、ZIPファイルを解凍したときにはファイルが更新された過去の日付のところに並ぶため、よく行方不明になります。

なのでArchiveFiles ではデスクトップとダウンロードフォルダで7日経過したものをArchiveフォルダに移動するようにしました。

  • デスクトップをきれいに整理したい!
  • ダウンロードフォルダをもっと使いやすくしたい!

という人はGitHubにリポジトリを公開しているのでそちらからご利用ください。

READMEが日本語版の説明を記載しておきます。

 

※ 注意:重複するファイル名は古いファイルを削除します。

経験的に重複するようなファイル名のファイルが後から必要になることが無いので、消してしまって困ったことはありません。もちろん責任は負いかねますのでご利用は自己責任でお願いしますm(_ _)m

 


 

ArchiveFiles の概要

デスクトップとダウンロードのファイルは、7日間使用しなかった場合、Archiveフォルダに移動します。

利点

あなたのデスクトップとダウンロードフォルダはきれいに保たれます!

セットアップ

1.ダウンロード

git clone git@github.com:sleepless-se / ArchiveFiles.git

 

2.設定

crontab -e

0 0 * * * python3のパス/ to / ArchiveFiles / main.py

 

注:デスクトップまたはダウンロードにArchiveFilesを保存しないでください。ArchiveFilesがアーカイブフォルダに移動され、動かなくなります。

設定

ファイルの保存日数とアーカイブフォルダ名は、ArchiveFiles / main.pyから変更することができます。

これはデフォルト設定です。
DAYS = 7
ARCHIVE_FOLDER_NAME = “Archives”

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください