【Mac】BuffaloルーターとVPN Activatorの設定方法

mac vpn setting Buffalo

こんばんはエンジニアの眠れない夜です。

BuffaloのルーターにはVPN設定が標準で設定できるようになっています。

しかし、PPTP接続に対応しているルーターは多いのですがIPsecに対応しているルーターは限られています。

そして、MacOSX 10.9〜 辺りからPPTP接続がMacのネットワーク設定から姿を消してしまったので、IPsecでVPN接続がしたい!というMacユーザー向けの記事です。

今回の記事は、以前書いたAirMacExtremeを使ってVPN設定をする方法の続編の記事になります。

VPN Activatorの設定など全体的な話はこちらの記事を参考にしてください。

AirMacExtremeでVPN設定をする方法

今回はBuffaloのルーターを使った場合の設定方法に特化してご紹介します。

【Buffaloルーター】VPN Activator用ポート設定方法

設定のための全体の流れです。

  1. ルーターのアドレスを確認
  2. ルーターにアクセス
  3. ルーターにログイン
  4. アドレス変換を有効にする
  5. Ptntを有効にする
  6. ポート開放設定をする
  7. 接続確認をする

細分化しているのでやることが多そうに見えますが、はまらなければ10分程度で設定できます。

1.ルーターのアドレスを確認

まずはルーターのアドレスをネットワークの設定で確認します。私の場合は192.168.102.1になっています。

mac rooter address

2.ルーターにアクセス

先程確認したIPアドレスをSafariのアドレスバーに入力しアクセスします。

私の場合は 192.168.102.1 をアドレスバーに入力します。ここは人によって異なります。

3.ルーターにログイン

ログインIDとパスワードを聞かれます。

「Buffaloルーターの型番 ログイン パスワード」で検索すると初期値を調べることができます。

4.アドレス変換を有効にする

ログインができたらアドレス変換を「使用する」にチェックします。

vpn address change

5.UPnPを有効にする

「ゲーム&アプリ」の「UPnP機能」を使用するにチェックします。

vpn upnp

6.ポート開放設定をする

  • Internet側IPアドレス:エアステーションのInternet側IPアドレス
  • LAN側IPアドレス:VPNActivatorを起動しているMacのローカルIPアドレス

  • TCP:1723
  •  UDP:500,1701,4500

のポートを開放します。グループは適当にVPNなど分かりやすい名前をつけます。

vpn port setting

VPNActivatorを起動しているMacのローカルIPアドレスはMacのネートワーク設定のここから確認できます。

※ 別のMacのスクリーンショットなのでIPが上記の設定と異なります。

mac local ip address

7.接続確認をする

VPN接続がうまくいくとこのようにConnect Timeが表示され、Sent/Receivedのゲージが動きます。

check VPN connection

同じネットワークから接続するとこんな感じでエラーが出ます。

VPN connection error

AirMacExtremeで設定した時は同じネットワークから接続しても問題なくつながったので、Buffaloのルーターで設定した時も同じネットワークから接続していたのですがこれはNGでした。

スマホなどでテザリングをして、外のIPからVPNの接続確認を行ってください。

VPN ActivatorとMacのVPN接続方法は前回と同じなのでこちらを参考にしてください。

AirMacExtremeでVPN設定をする方法

 

 

まとめ

VPNのIPsec接続に対応してないBuffaloのルーターでもMacとVPN Activatorを使えば外からVPN接続ができるようになりました。

IPsec接続ができなくてルーターを買い換えようか悩んでいる方はぜひ一度試してみてください(^^)v

1 Comment

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください