【PyCharm】ファイル保存時に自動フォーマット(整形)

こんばんはエンジニアの眠れない夜です。

PyCharmでプログラムをフォーマットする時は「Option+command+L」のキーボードショートカットを利用しますよね。

これを、定期的に実行するのは面倒だなーと感じている方も多いのではないでしょうか?

そんな方のためにここではファイルを保存するたびに自動でフォーマットする設定を紹介します。

※ 間違っているところなどありましたらご指摘くださいm(_ _)m

【PyCharm】ファイル保存時に自動フォーマット(整形)する方法

設定から「Tools→Action on Save」を開きます。

Pycharm保存時に自動フォーマット

一番上の「Reformat code」にチェックを入れます。

たったこれだけで、ファイルを保存するたびに自動でフォーマットしてくれます。

その下の「Optimize imports」にチェックを入れるとインポートしているモジュールの並び替えや余分なインポートの削除なども自動化できます。

ここはむやみに整理されては困る!という方は「Option+command+O」のショートカットで任意のタイミングで実行できます。

 

その他にもサーバー時に動でアップロードする「Upload to default server」などもあるので自分のニーズに合わせて設定しましょう。

参考ページ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください